時をかける要素

40代、派遣社員、子なし、ひとまわり年下の夫とふたり暮らし。雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンとチェロのネタが多いかもしれないです。

灰&low

ヴァイオリンの技術ももちろんなんですけど。
また違った面も、鍛えないといけないのではないかと思いました。
本番が、練習のようにいかないのは誰しもそうだとは思うけれど、私はちょっと異常かもしれないです。

 

皆さん、「ほんと緊張してしまう」「ぜんっぜんダメだった」と言っても、そこまでひどい状態になっている人はそういない気がします。
だけど。たまにですが、「もうどうしようもなく崩壊している」という人もいます。ほんとたまにですが。

 

そして、私も、その一人で。

 

これまで、ピアノ、箏の発表会出たことありますけど、いずれも先生が真顔で「えっ、どうしたん」というくらいまったく弾けなくなっちゃうのです。
ちなみにピアノは、鍵盤が飴細工のようにぐにゃりとします。

 

で、なんだか脳の感覚というのでしょうか、それが、いきなりちがう感じに切り替わった感があります。


ばしっと言葉で説明できないのですけど、なんというか、例えばふだん話している時の感覚から、いきなり五段活用を意識した話し方になるというか、、、
「意識」のある場所も、頭の上へんにあったのがもっと下のほうにずーんと降りてきた感というか。。。


ううぅ上手く言えないのですが。


とにかく、脳の働き方というか処理法がかちっ、と切り替わってしまう感じなのです。
それで、まったくわからなくなってしまうのですよね。

 

今回の発表会の曲は、とにかくスラーが連続する2箇所、ここが私にとって一番の難所で、とにかくここを切り抜ければと思っていました。
他のところはそこまで気にとめる余裕もなかったというか、もう二の次でした。


そういう姿勢がいけなかったのか、、、


なんと、まさかの、最初の出だしの第一主題のところ、さらにそこのポジション移動するところでいきなりまったくわからなくなってしまったのです。

 

ええぇえ??!!!と焦っているうちにすぐ次、そしてここも真っ白になってわからなくなり!

 

ピアノの先生も明らかに動揺しているのが伝わります。
だけど必至で支えて盛り上げてくれようとしてくださっている!
なんとか途中から曲らしくなってきたけれど、もう最後までどうにもこうにもグダグダダメダメな演奏でした。

 

と、まあ初のヴァイオリン発表会はこんな感じでした。

 

+ + +

 

この日、急きょ受付係を仰せつかった私。
記念すべき最初のお客様!すくっと立ち上がるとそこには、

 

だ、団長ォォォーーーー!!!

 

なんと、元所属オケの団長様が。
そういや、先生とマブダチだったこと忘れてました。


自分の演奏がおわって、体から真っ白な灰をばらまきつつつ受付に戻ると、団長がお帰りになるところで。

「あははは・・・うんうん、あの、駆け上がりのところ難しいよね、だけど後半は良かったじゃない。最後の重音のところなんて素晴らしかったよ」と、慈愛に満ち満ち溢れた慰め台詞と優しい笑顔を残し、気まずそうに去って行かれた(泣)

 

ちょっと待ってーー団長さんーーーいつもはそこ!弾けてたんですよ本当なんですーーーーー!!!!!

 

心の中で叫びつつ、断腸の思いで見送り。

 

そんなこんなで最後までテンション↓な状態で受付してました。


したら、可愛らしい女の子4人組がなんやかやとちょっかい出しに来てくれます。
あまりに可愛すぎて、プレゼントのお花とかに貼る名前書く紙を(勝手にw)あげて受付でお絵かき大会してました。

みんな、女の子とかの絵を書いて自分の名前を書き、ドレスに名札みたいに貼ってたんですけど、一人だけこちらをチラ見しながら描いている子が。

 

そして!!

 

私に無言ではにかみながら差し出してくれたこれ。

ななんと私を描いてくれたのだそうです!!!

f:id:akablog:20171106122649j:plain

 

あぁっ・・・もう・・・・・!
シャンシャンもお話にならないくらいの「キュン萌え」!!
まじで、むぎゅーーーって抱きしめたかった。。。
私、この絵を胸に貼り付けて最後の皆での合奏出ましたよ。
合奏、私の前にその子達がいたのですが、振り向いて私を見ると「あ!あの人だハート」と満面の笑顔してくれて、めちゃめちゃ心がほっこりしました。
ほんと、子どもって可愛いですね・・・!!


でも発表会のDVD観ないでね。絶対に!!!


で、似顔絵ついでに。
何年か前の派遣先、職業柄美術系の社員が多かったのですが、その中に「イラストおじさま」がいらして。
社員のイラストをちまちまと描いては、すっと机に置いてくれるのです。

そんな中の一枚。(あと二枚あるんだけど捜索中)
他人の私に対する認識って、「黒髪ひっつめスタイル・地味シンプルシャツ・貧乳・猫背・憂い帯びた(笑)横顔」ってことでOKでしょうか?

f:id:akablog:20171106122838j:plain