時をかける要素

40代、派遣社員、子なし、ひとまわり年下の夫とふたり暮らし。雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンとチェロのネタが多いかもしれないです。

春は別れの季節ではあるけれど

とうとう提出してしまった、休団届。

 

わたしは短い期間ではありましたが、市のアマチュアオーケストラに所属していました。

 

指揮者もコンミスも、団員のみなさんも。

もうホントーーーにだいすきでした。

こんなにヘタクソな初心者なのに、いろんな方に何かとサポートしていただいて、ただただ感謝の一言です。

次回の演奏会のプログラムは、基礎力強化に最適だということで、さらに曲も好きですし、よしがんばろう!とはりきっていたのですが。

 

ろくに家で練習もできなくて、残業でオケの練習日も遅刻したり欠席したりになってしまいまして。

技術面もさることながら、気持ちがどうにもつらかったんです。

 

そんなわけで、休団することにしました。

 

みなさん、次期はぜったい戻ってこいよ!と言ってくださったものの、わたしはおそらく、もうオケには戻らないと思っています。

いろいろと理由はありますが、それはとりあえず、置いておいて。

 

これからは、基礎練習と、室内楽の修行をしていこうと思っています。

室内楽・・・そんな腕ないんですけどね。

 

ある、と言える日を待っていたら。

もはや来世に期待、となってしまう歳なので。

 

 

f:id:akablog:20170328140905j:plain