時をかける要素

40代、派遣社員、子なし、ひとまわり年下の夫とふたり暮らし。雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンとチェロのネタが多いかもしれないです。

アレルギーの原因

先日のこと。

突然、唇が腫れて顔の下半分から首~鎖骨のあたりまで、ひどい痒みにおそわれました。

そのときは、直前に飲んだいくつかのビタミン剤のうちの顆粒「シーピー」が皮膚についてしまったのかなと思っていました。

そして翌日、ビタミン剤をこの上なく注意深く服用したところ、またもや同じ症状に。

もしかしたら、「アシテア」というダニ舌下錠が原因かもしれない、と思いやめてみたけれどやはり同じ症状が。

とりあえず、服用しているものをひとつずつやめてみて、都度、体の反応を見ていたところ、ほどなくして原因が判明しました。

それは、「スピルリナ」。

これは何年か前にたまに飲んでいたのですが、その当時はこういう症状は出ていませんでした。

ただ、なんとなく…本当に「なんとなく」なのですが、わずかな違和感があり、常用することはなかったのです。

が、これはとても体に良いと言われており、ここのところ再度健康に関心を傾けるようになったこともありまして、残っていた未開封のものを引っ張り出して最近また服用していました。

これは、スピルリナ100%と書かれている錠剤のものです。

アレルギー反応は、これを飲んでいる時のみに起こりました。

この他、少し前に購入していたスピルリナ"も"混じっている粉末のスムージーの素もあったので試してみると、100%のものほどではないけれどやはり唇が腫れてきました。

そんなわけで、原因はスピルリナということでまず間違いなさそうです。

残念ではありますが、今後「スピルリナ」の服用は一切やめようと思います。

それにしても、わたしはいろいろアレルギーはありますが、食物であそこまであからさまなアレルギー反応が出たのははじめてでした。

体に良いと言われるものが、それが必ずしも自分に合うとは限りません。

それは食物だけに限らず、いろんなことにも言えるようですね。

何が自分にとって良いのか悪いのか、、、一生ああでもないこうでもないと、探究(迷走?)しているような気がします。