時をかける要素

40代、派遣社員、子なし、ひとまわり年下の夫とふたり暮らし。雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンとチェロのネタが多いかもしれないです。

第4回「軽井沢朗読館カルテット」演奏会

仕事を終えてわくわくと足早に、タイトルの演奏会に行ってきました。

SNSでお世話になっている方の息子さんが出演されております。

 

 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

会場:代官山教会

 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

まず、ダンツィって誰ですか。と思ってしまった私。

だけど奏者さんたちのトークタイムで、やはりこの曲をやろうと提案した方以外、皆さん「誰。」となった、と聞いてちょっと安心。

 

「フランツ・ダンツィ」とは、ドイツのチェリスト・指揮者・作曲家なのだそうです。

演奏に指揮に作曲って。大変に、多才な方ですね。

 

でも全然知らなかった、こんなレアな曲聴けてラッキーでありました。

 

さらにベートーヴェン弦楽四重奏でやはりベートーヴェンははずせませんね。

早くやりたいけれど。社会人で弦楽四重奏の練習を定期的にこまめにやるって、ホント難しいと思う今日この頃。。。(メンバーの予定がなかなか合わない。涙。)

 

そしてラヴェル!!!

私はこれを聴くがためにこの演奏会に来たのです。

この曲は私にとって、特別な思い入れのある曲なのです。

もう何回聴いたかわからないこの曲。

けれども、これまで一度も生演奏を聴いたことがなかったのです。

記念すべきはじめての演奏会は、こちらの「軽井沢朗読館カルテット」でした。

音楽が始まりその世界に入り込むと、気がつけば涙が流れてしまっていました。

本当に嬉しかった。。。感激しちゃいました。

とても、素敵な演奏でした。

またいつか、演奏会にお伺いさせていただきます!!

ありがとうございました。

 

演奏会までにすこし時間があったので、「アースカフェ」に入り休憩。

ミックスベジージュースをいただきました。

ニンジン、ビーツ、セロリ、ジンジャー、リンゴ、オレンジが入っているのだけれど、これとってもおいしかったです♪

f:id:akablog:20170921210804j:plain