時をかける要素

40代、派遣社員、子なし、ひとまわり年下の夫とふたり暮らし。雑記、ぼやき、たまに楽しいこと、適当に綴ります。ヴァイオリンとチェロのネタが多いかもしれないです。

定期演奏会

休団中のアマオケ定期演奏会に行ってきました。

心配していた雨もやみ気持ち良いお天気のもと、うきうきと自転車で会場に向かったのはいいのですが。

ななんと、すでに満席とのこと・・・!

いつもの小さめの会場だと、入場券を得るために事前抽選が行われます。
今回は800人くらい収容できるホールなので、事前申し込み不要とのことだったのですが・・・。
余裕で入れるとばかり思っていたので、大誤算です。

急きょ椅子を出してもらったのはいいけれど、スタッフをされていたのはなんと同じく休団中の団員さん。
さらによくよく見てみると、もうお一方、たまにデートしている元団員さん(女性)が。。。
「この日は演奏会のお手伝いに行く」とは聞いていたものの、てっきり演奏のお手伝い、出演するという意味だと思っていたのです。
スタッフ、だったのですね・・・・・。

き、気まずすぎます!(汗)

さらに演奏が始まり、はじめてこの団の演奏を客席側から聴き、なんて素敵な演奏なんだと驚き、この中に一瞬でも自分がいたことが信じられなく、また、許せない気持ちになってしまい。
またもや素晴らしいアンコールにとどめをさされて、もうグッタリと放心状態で会場を後にしました。

その後はヴァイオリンレッスンだったのですが。
なんだか気持ちばかり焦ってしまっている自分がいました。

来月はじめてのVn発表会なのだけど、、、

舞台に立つのがこわい。(;;)
弾ける気が、というか、弾いていい気がしないのです。

 

+ + +

 

※↑こちらの過去日記も、某SNSの日記から転載しています。

後から聞いた話によると、この日スタッフしていたお二方は長年このオケをやっていて、団から直接依頼があったとのことでした。気を利かせて申し出たというわけではなかったようで、ひとまず安心しました。

しかし、この後の発表会は惨憺たる結果に。。。悪い予感は当たってしまった。。。。。(涙)。